スキンステッチのあいつ③ 〜MIYAGI KOGYO FUJIBANA〜

U-Tip

Edward GreenのDoverRAYMARのKENTと続いたスキンステッチシリーズのラストになります。自身は初めての購入となる宮城興業のFUJIBANA(フジバナ)です。随分と紹介が遅くなってしまいましたが、購入は昨年の9月ごろ。

国産の革靴はもしかするとREGAL以外では初めてかもしれません^^;
結構人気があったモデルのようです。

色はダークブラウンです。黒・濃茶・茶の3色が揃いました。
ご覧の通りかなりスリムなシルエット。グリーンの箱がとっても素敵。

革はおそらくキップレザー、色ムラもなく端正。縫製も丁寧で国産らしくしっかりと作られている印象です。

Doverと比較すると、トゥの合わせ面は長め。  

ライトアングルステッチ。スリムなシルエットに対して、この靴の中でもっとも主張が強い部分。

 

横から見ると、甲も比較的高めのラストが使われていることがわかります。国産ということもあり、日本人向けなのでしょう。  

ヒールはホールド感の良さそうな形。しっかりと作り込まれています。ダブルステッチがとても綺麗。  

ソールはチャネル仕上げになっています。うっすらとドブ起こしが見えてますが、とても綺麗な仕上がりです。  

かなり主張控えめなインソール。全て同色で潔い。  

ツリーはアングレーズのEM500Eがよく合います。  

年始の宣言で、「未着用のモノがある分野のものは買わない」、に思いっきり該当しているこの靴ですが、令和元年に履きおろそうかと思っています。

スキンステッチ3兄弟がどんな変化を見せていくのか楽しみでなりません。  

しかしひっそりと、まだまだ先になりそうですが、セミビスポークオーダーをしようかと計画中です。お金、貯めなくては…!

コメント

  1. このモデル、以前東京に行った時、銀座のWFGで買う寸前まで行きました。まだ他に回りたい店があるからと、取り置きをしてもらって、店を出ました。で、結局「他の店」で靴を買ってしまい、このモデルは買わなかったんですよねえ。
    宮城興業とWFGがコラボしてこのモデル登場してから結構な年月が経ってますけど、未だに現役ということは、かなり人気があるからなんでしょうね。
    作りが丁寧でかっこいいですよねえ。
    高級、中堅、高コスパと3種のライトアングルモデルを揃えられたとは羨ましいです。

    • なおけんたさん

      コメントありがとうございます。

      そうなんですね、色々と回ってモノを買う時の決断って難しいですよね。
      あとできっとまだある、と思っていると収穫がなかったり、その逆も然りで。

      スキンステッチって、漠然とですがなんだか憧れのようなモノがあるような気がします。英国、日本、中国と入手しましたが、不思議と米国はスキンステッチのデザインそのものがあまりないように感じます。それぞれどんな経年変化を見せるか、楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました