新たな出会い:LUCIANO BARBERA(ルチアーノバルベラ)のタートルネックケーブルニット

  • URLをコピーしました!

成人の日に夕方まで自由時間をもらって、銀座・青山の散策、そしてArchKerryのイベントととても充実した1日となったのですが、その中でとっても良い出会いがありました。


青山のOysterさんで購入したLUCIANO BARBERAのタートルネックニットです。


LUCIANO BARBERA自体も初めての購入、というか見たのも触れたのも初めてですし、Oysterさんへ伺うのも初めてということで、新年からとても良い出会いとなった1着になりました。

Contents

購入のきっかけ・購入先

昨年インスタでOysterさんにフォローいただいて、そこでの投稿及びブログを拝見したことがきっかけ。
ちなみにフォローいただいて初めてOysterさんを知りました。コロナ前は何度も近くを通っていたのに…


みにいきたいなあと思いつつもなかなか外苑前まで行く機会も作れなかったのですが、年末からのセールにかかったうえ、おそらく自分のサイズであろう48も残っていたため問い合わせてみると、初めてにもかかわらず取り置いていただけるとのことで、安心して購入することができました。


当日はあまり時間が取れなかったのですが、ARIANNAのストールやCARUSO等をはじめとしたコート、ジャケット、パンツ、スーツ…ドレスだけでなくカジュアルウェアも豊富に取り扱いされており、店員さんも気さくでまた伺いたいなと思うお店で良い出会いとなりました。

LUCIANO BARBERAについて

1970年創業のイタリアのブランドです。元々生地屋さんということを伺い、少し調べてみるとCALRO BARBERAが母体だそう。


かつては三陽商会が代理店となりILFARO by LUCIANO BARBERAという名前で展開(さらにその前は信濃屋で取扱い)、現在では本国のHPをみるとOysterさん含めて取扱のあるお店は5つと少なく、日本では見かけることもあまりないブランド。


シルエットはゆったりしたものが多かったそうですが現在では若いデザイナーさんが入って少しスリムに。後ほどご紹介しますが、確かに細すぎず、ゆるすぎずちょうど良い塩梅でした。


HPに記載されているStyle Tipsも面白いし、Luciano Barberaご本人のインタビューも興味深いのでお時間ある方はご覧になってください。

Luciano Barbera - Entirely Made ...
Luciano Barbera Style Tips - Luciano Barbera For 50 years, Luciano Barbera has been synonymous with Italian craftsmanship & style. Discover Luciano's tips on how to properly wear a suit from jacket to tie.


男達よ、その先のラグジュアリーを...
イタリア最高の洒落者・ルチアーノ・バルベラの金言「自己満足で終わらないために、上等なスーツが必要です... ピッティウォモのスナップを着こなしの参考にしている人は多いだろう。だが、テクニックや一過性のトレンドを掴むことはできても、スーツが持つ本当の美しさや格好いい生き...


購入したタートルネックニット

購入したニットはこちら。ネイビーのミドルゲージのケーブル編みニットでLUCIANO BARBERAでは定番だそうです。


ケーブル編みのタートルネックニットはよくありそうだけど、思ったほどない形。とてもベーシックできっと飽きもこずに長く着られるだろうところにまず惹かれました。


20代より30代、30代より40代の方が似合うだろうなとも思うので、私の年齢的にも合うだろうなと。

網目の乱れがないのはもちろんのこと、縫製もとても綺麗に仕上げられていると思います。


次に惹かれたのは素材感。私にとってニットでは初めてのウール、シルク、カシミヤの3者混。


シルクが入ることによって光沢感があり、ウールやカシミヤにはない独特の表情を見せてくれています。着こんでいったらまた雰囲気も変化しそうです。


とろっとした手触りではありませんが、当然ながらがさつきやチクチクすることなく伸縮性、暖かさも申し分なしです。

そしてサイズ感。他のイタリアブランド同様に48を選んでいますが、タイトでもなくかといってゆとりを感じるわけでもないちょうど良いサイズ感です。


耐久性等はまだもちろん分かりませんが、長く着られる要素が揃ったニットだと思います。

コーディネート

Jacket : COL
Knit : LUCIANO BARBERA
Pants : SOVERIGN

ケーブル編みが私の姿勢のせいなのか、骨格なのか、はたまた歪んだ性格のせいかわかりませんが斜めっていますが、シンプルにCOLのジャケットと合わせてみました。


シルクの光沢感もあってやや明るめのネイビーなので、秋冬のダークネイビーと合わせてものっぺりしませんし、ケーブル編みによってドレスによりすぎることもありません。


M-47、AUBETTのブルゾンと合わせても面白そうですし、11月ごろであれば一枚で着ても様になりそうです。今シーズンも2月いっぱいくらいは着られるでしょうから、色々とあわせてみよう。

まとめ

Oysterさん、現在もセール中です。

ニット自体ももちろん気に入ったのですが、初めてのお店で初めてのブランドを購入する体験はとても久しぶりだったように思いますが、満足感が得られましたし、また行きたいお店、他も購入してみたいブランドに出会えたことがとても良かったです。
※Oysterのスタッフの皆様、ありがとうございました!そして時間をくれた妻に感謝。


ここ2年は特にオンラインに傾倒していましたが、やっぱり実物を見て会話しながら買うことの体験に勝るものはないなと思います。少なくとも実物を見たことがないものは買うことを控えるつもりです。


今回の散策と他の日も含めて、小物やマーガレットハウエルのパンツも購入しているのでまだ別記事でご紹介できればと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents
閉じる