革靴の履き口修理【革靴リペア】

Shoe Repair

ビンテージと呼ばれる革靴は現在のものよりも革質が良いとされており、体感的にそれを感じることも非常に多いです。

ですが、製造から長い期間たった革は適切なケアをされていたとしても繊維が弱っていることもしばしば。いくら良質な革だとしても劣化は避けられず、見かけは大丈夫だとしても内部劣化している可能性は否定できません。
※何度か、見た目は非常に綺麗なのに履いた瞬間に崩壊する、という経験をしました…

特にコードバンにおいては比較的若い70s以降のビンテージシューズだとしても、履いた瞬間に避けてしまうリスクがあります。

今回ご紹介するFlorsheim Imperialの93606も1984年製の比較的若いビンテージシューズで状態としてもミント品を手に入れ、しっかりとケアもしたのですが…画像のように履き口に裂けの兆候がみられました。

このまま放置して履いていくと、裂けが進行していくのは目に見えているので、早めに手を打つことに。なかなかない履き口の修理について、納期やリペア代含めてこのポストではお伝えいたします。

スポンサーリンク

修理をお願いしたのはSUPER8SHOESさん

やはりビンテージシューズといえば千駄ヶ谷のSUPER8SHOESさん。

看板にも記載してありますが、革靴のリペアについても非常に品質よく実施してくれます。ビンテージシューズでなく現行品でもリペアをしていただけますが、やはりビンテージシューズのことをよく知るお店に任せると安心感が違いますのでおすすめです。

特に今回のような履き口の裂けについては、現行品よりもビンテージシューズに起きやすい症状ということもあります。

修理方法

早速SUPER8SHOESさんに訪問してどうすべきかを伺ってみました。

提案いただいたのは裂けが見られる部分にパッチを当てる方法。幸い今回のケースではパイピングから裂けているわけではありませんでしたが、そのままパッチを貼るだけでは非常に目立ってしまいます。

そのため、単にパッチを貼るのではなく、ライニング革の縫製を一度解いてパッチを内側に滑り込ませて再度縫う方法をご提案いただきました。
※詳細は修理結果のところでご紹介します。

その場合、ライニングの革、つまりすべり革が痛んでいる場合はすべり革も交換となるとのこと。実際には解いて見てみないとわからないそうです。

パッチの形は四角でも蒲鉾型でも色々対応していただけます。また、今回はコードバンシューズですので、パッチもコードバンで対応いただくことに。

修理の納期は1週間となりました。その時の混雑具合にもよるようですが概ね1〜2週間程度で仕上げていただけることが多いです。

履き口の修理結果と料金

修理いただいた結果がこちら。まるで最初からこの仕様だったかのようにとても綺麗です。すべり革も問題なく使えたそうで交換はしていません。

大きめのパッチで覆っていただき、パッチも接着ではなく縫っていただいています。パイピングの部分は黒く染めていただいているのでそのままつながっているよう。

また、依頼したときにリスクとして伝えていただいたのですが、パッチがすべり革の下に潜り込むので若干サイズが小さくなるとのことでした。ですが履いてみると気になるほどの変化はなく、一安心。

パッチがすべり革の下に、という部分ですが、ピンクの矢印の部分の縫製を解いて、パッチの革を入れて再度すべり革とともに縫う、ということを実施いただきました。

この際に、すべり革が弱っていると再度縫うことができず交換になるそうです。

恐る恐る履いていましたが、これで安心して履けそうです。さすがはSUPER8SHOESさんでした。

気になる料金ですが、両足で税込み3240円。この価格で安心を買えて一気に裂けてしまうリスクを回避できるのであれば安いでしょう。

ちなみに、すべり革も一緒に修理となった場合は、+3,000円となるそうです。実際に修理が必要かどうかはやってみないとわからないところが多々あるそうで、最大6000円ほど見積もっておいた方が良いでしょう。

まとめ

ビンテージシューズがお好きな方であれば、経験したことがある方も多いであろう履き口のダメージ。

私の場合は比較的軽度のものでしたが、より重度のものも多数修理経験があるSUPER8SHOESさんはとてもおすすめです。

メールなどでも相談に乗っていただけるので、お困りの方は一度お問い合わせいただくと良いと思います!

Shoe Repair
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

  1. お疲れさまです。

    なかなか、コードバン難しいですね。
    このインペリアル、そんなにはかれてなさそうですけどね。もしかしたら、手入れされないで、乾燥期間がながかったのかもしれません。

    きれいにリペアされたので、これからガシガシ履いていきたいですね。

    • しんのすけさん

      コメントありがとうございます。

      このインペリアル、ミントで手に入れてプレケアもしっかりしたつもりだったんですがやはりコードバンはカーフよりは寿命が短いのかもしれません。

      このバーガンディの色味はとても気に入っているので、どんどん履きたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました