2013SS Maison Martin Margiela 14 ボーダーコットンカーディガン

  • URLをコピーしました!

手持ちのマルジェラ紹介シリーズ。


春めいてきた今日このごろですが今年はいつも着られる期間が短いコットンニットをたくさん着たいなあと思っており、その中で活躍してくれるであろう1着をご紹介します。(と言いながらも実は昨年は着用していないのですが^^;)


2013SSにリリースされた、14ラインのボーダーコットンカーディガンです。


2013SSですので、デザインチーム時代のものとなります。

こちらがご紹介するカーディガン。ブルーとホワイトの細いピッチのカーディガンで、他にもベージュ、ブラックの展開があり、クルーネックとVネックもあったと記憶しています。


2013SSに限らず、マルジェラではボーダーのニットはそれなりにリリースされている印象です。このシーズンのものは(あくまでもエルボーパッチと比較して)プロパー価格もそこまで高くなかったものの、セールでもかなり残っており、その例に漏れず私もオモテサンドウのセールで購入しました。

特に切り返しになっているわけでもなく、袖も普通のセットインスリーブ。


でも意外とこういう全面細ピッチのボーダーになっているコットンカーディガンってないんですよね。ジョンスメでも全面ボーダーになっているのは私はみたことがありません。

その袖部分、きっちりボーダーが揃っていてとてもクリーンな印象。


14ラインということもあるでしょうが、奇を衒わないところがデザインチームらしいというか。普通に見ると「え?」ってなるところがない。

ボタンはいつも通りきっちり水牛です。何にもせず洗濯機に突っ込むと割れます。ネットに入れましょう。

4つ糸もまだしっかりついていて穴の広がりもありません。こちらも洗濯機にただ突っ込むと穴が広がったり取れやすくなるのでネットに入れましょう。

ラインは14、イタリア製になります。当時ニットはまだイタリア製ばかりだったかな。今のマルジェラはどうなんでしょう。


さて、このボーダーニットですがシンプルなように見えて、前たても袖・裾のリブも全てボーダー、細ピッチにもかかわらずそれなりに主張が強いのです。なので他は極力シンプルにまとめることが多くなります。


M47とネイビー無地Tシャツに合わせるのが私の定番ですが、今年は新しい着方ができるかな…


久しぶりとなるこのシリーズですが、楽しみにしてくださっている方もいてネタが尽きるまで続けていく予定です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents
閉じる