2012SS Maison Martin Margiela 14 デニムエルボーパッチコットンカーディガン

  • URLをコピーしました!

手持ちのマルジェラ紹介シリーズ。


買い逃して後悔していたデニムエルボーパッチのコットンカーディガン、状態の良いものを見つけたので購入してました。


マルジェラは偽物もよく出回るので、特にエルボーパッチは餌食になりやすいと当時聞いたことがあります。


なのでUSEDで購入することはほとんどないのですが、このデニムエルボーは確実にリリースされていたので大丈夫であろうと購入。


ということで、2012SSにリリースされた、14ラインのデニムのエルボーパッチがついたコットンカーディガンです。


先日ご紹介したボーダーカーディガン同様、2012SSですので、デザインチーム時代のものとなります。

あわせて読みたい
2013SS Maison Martin Margiela 14 ボーダーコットンカーディガン 手持ちのマルジェラ紹介シリーズ。春めいてきた今日このごろですが今年はいつも着られる期間が短いコットンニットをたくさん着たいなあと思っており、その中で活躍して...

色はBLUE JEANというデニムの藍色そのもののような色味。


これ以外にミディアムブルー、ライトブルーとあり全部で3色展開だったと思います。後見頃が長いものが多いですが、これは前後で着丈の長さは変わりません。


Mの割にはサイズはやや細めの印象です。

タイトル通りですが、エルボーパッチはデニムです。少し色落ちしている状態でしたが、まだまだ濃い藍色です。


レザーではなくデニムのパッチ、扱いやすさや洗濯の気軽さがありますし、エイジングという観点でもレザーと同様に楽しみなパッチなのでこの組み合わせは改めてみても良いなと思います。


このシーズンのものも、ハンマースリーブではなく普通のセットインスリーブです。

前たての裏にデニムが縫い付けられているのも特徴。ちょっと他の写真と色味が違って見えていますが、ボディ自体も単色でなく、マルジェラお得意のメランジっぽい生地。

ボタンはいつも通りきっちり水牛です。


これより後のシーズンだとほぼ単色の水牛ボタンが多くなってくるのですが、マーブル模様でボディの色味ととてもよく合いますね。単色の黒ボタンだとSSの服にしては重すぎる気がするので、この明るい色味はとても良いです。

4つ糸もしっかり。ちょっと歪んでつけられてます。この4つの糸、結構適当な角度だったり長さだったりすることが多いのですが、今のコレクションだとどうなんでしょうね。

ラインは14、ルーマニア製になります。


AIDS Tと合わせようか迷ってREMI RELIEF、オールマルジェラを避けた構図

デニムのエルボーパッチをジーパンでひろう、なんてのもいいのかなと思う反面、ジージャン感覚でジージャンに合うようなものを選ぶことが多いです。


色自体もBLUE JEANなのでデニムオンデニムになってしまいそうな気もするので軍パンとかチノパン、その中でもマックイーンパンツを選ぶのが1番多いかな。


これは買っておけば良かったなと思うアイテムだったので、手にすることができて良かった…


ネタが尽きそうで尽きない、過去のマルジェラ紹介シリーズ。もう少しだけネタはあるので引き続きお付き合いいただけると嬉しいです^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents
閉じる