Spring has come

Shoe Care
もうすっかり暖かくなり、慌ただしく春物を出したりブーツをしまったり。いくつか新しくおろしたものもあるので、その備忘を。
チャッカブーツはもう少し履こうかと思っていますが、編上げのこの2つはケアをしてしまい込み。このブログではともに未登場ですがそれぞれ、 左:Alden Beams Plus別注コードバンミリタリーブーツ(ミリタリーラスト) 右:Alden UnionMade別注スエードタンカーブーツ(バリーラスト) 左のミリタリーブーツは細いパンツにとても相性が良く、右のタンカーブーツは雨の日でも履けるのでとても重宝しました。
ともにブラッシングと汚れ落としをしっかりしたのちに、ミリタリーブーツはChamberlainを、タンカーブーツはモウブレイのスエードトリートメントで栄養補給をし、しっかりと陰干し。
その後、箱にしまいます。巷ではカビ予防で通気性を良くするために穴を開けた方が良い、と言われていますが、元々の箱にシリカゲルと一緒に入れて細菌を入れないようにした方がカビない気がします。 いつも箱を空けるときはドキドキするのですが、実際に、この方法ではカビたことがありません。今後もしまいこむ時は最低限の栄養補給をして箱にしまう、このケアで行こうと思っています。
今シーズン、新しく購入・おろしたもの①はこちらのSaint JamesのOUESSANT ELBOW PATCH。色はECRU/MARINEです。同じ色のものでパッチなしのものを持っていますが、とても使い勝手が良いため買い足しました。
マルジェラのパッチニットと比べると控えめなサイズのパッチ。サイズはややゆとりのあるT5を選びました。
フランスコーデで、モールスキンパンツ・ジャケットにウエストンのローファーなんてコテコテの合わせも好きですが、エルボーパッチならコットンのドライバーズニットベストなんかと合わせてもとても相性が良さそう。 諸事情によりなかなか忙しくなってきていますが、好きな服を着て、靴をメンテして、休めることも忘れずに。気づくとTシャツ一枚の季節になってしまうので、今のうちにどんどん着ておこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました