LINCOLN STAIN WAXで鏡面磨き

Shoe Care

ここ最近、ワックスはサフィールのビーズワックス一択だったのですが、最近流行りのリンカーンにグリーンのワックスがあることを知り購入してみました。
※サフィールも100gであればグリーンのワックスがあります。

この青と黄色のコントラストが好きです。アメリカのブランドでUS ARMY御用達だそうですが、カラーリングはスウェーデン代表みたい。

缶の裏をみてみると、なんとあの悪魔の紋章「CORFAM」の文字が笑。確かにスムースレザーよりも簡単に光そうではありますが。

簡単にですがどんな塩梅かレビューしていきます。

今回磨いたのはクロケットのBOSTONです。だいぶ暖かくなって来たので、ローファーを引っ張り出しました。Tomorrow Landの別注品で青緑、というのが一番近いカラーです。この写真だとだいぶ青が強く見えてますが、もう少し緑がかっています。

緑を強くしたいので、いつもダークグリーンのクレムで磨いていますが、今回もBick4で保湿し、クレムで磨いてからワックスをかけていきます。

蓋を開けてみるとロウ分がそこそこ多そうな印象。蓋はトンボなし、スクリューでもなしと密閉性はそこまで高くないかもしれません。

手にとってみると思っていたよりも明るいグリーン。ビーズワックスよりも若干硬いですがそこそこ柔らかく取りやすいですね。一度練ってから使えばもっと使いやすいかも。

使い方はビーズワックスと同じように、指塗りで2周くらい薄塗りをして、乾かし水をつけて磨いていきます。落とすのが大変になるので、基本薄塗りです。

これがクレムを塗った後の色味。青緑ですね。

これが薄塗り2週と水つけて1層磨いたもの。しっかりグリーンの色味が付いてますね。思ったよりも明るめのグリーンなので、これにネイビーのワックスを足しても良いかな。

同じ色、靴で比較してないので推測も入りますが、乾燥させない状態のビーズワックスと比較すると、以下のように感じました。

柔らかさ   : ビーズワックスの方が柔らかい
乾きやすさ  : リンカーンの方が乾きやすい
仕上がりの早さ: リンカーンの方がパキッとなるのが早い
光やすさ   : 遜色ない

撮影の時間が異なるので、こちらの方が実物に近いですが、トゥもしっかり光ってますね。ビーズワックスとミラーグロスの中間みたいなワックスで、もっと重ねて磨けば十分反射してくれる、そして乾きやすくて使いやすいワックスだなと感じました。

グリーンのワックスは量的な意味も含めると一生買わなくて良さそうです笑。

コメント

  1. Lincolnのグリーン入手しましたか!
    私は5色手に入れてます(^-^)
    柔らかいけど直ぐ乾く、不思議なワックスですね。
    そして匂いが臭くないのが気に入ってます。

    緑靴を持っていないのでグリーンは必要ないのですが、全色揃えてみたいです(笑)

    • Ironさん

      コメントありがとうございます。

      なんと!大人買いですね!
      おっしゃられる通りの印象です、不思議な感覚ですよね。

      グリーン以外にも綺麗な色ありますもんね〜、ぜひコンプリートしてくださいw

タイトルとURLをコピーしました