No.11:エチオピア・モカ【コーヒーテイスティングノート】【コーヒー豆の味・特徴】

Coffee

コーヒーテイスティングノート、第11回目はエチオピアのモカです。

エチオピアはコーヒーの起源とも言われている国で、自生の、つまり野生のコーヒーが多く、コーヒーが持ち込まれた他国とは異なる歴史を持ちます。

自然豊かで特に何かをせずとも有機栽培になる、世界の生産量五位の国。コーヒーの起源の味やいかに。
※今までのテイスティングノートは以下からご覧ください。

Coffee Tasting Note
「Coffee Tasting Note」の記事一覧です。
スポンサーリンク

豆の情報

銘柄エチオピアモカ
生成方式ウォシュド
焙煎日2020/5/27
賞味日2020/5/28
焙煎度合いR-18、ミディアムロースト

小粒ながらも大きさが揃っていて、豆自体の香りもしっかりしています。

焙煎度合いはR-18、ミディアムローストです。

淹れ方

抽出方法V6O
豆の量13g
挽き具合細〜中挽き
湯温94℃
抽出時間2分23秒

前回同様にHARIOのV60、「コーヒーは楽しい」に記載のあった方法(お湯25gでまず蒸らし、その後25gずつ200gになるまで注ぐ)で抽出してます。

今回から最初の蒸らし工程で攪拌をするようにしています。

テイスティングノート

無理やり改善したこの写真笑

サマリー

さらさらっとした軽いボディで苦味はなく、果実感強めフルーティな味わいが特徴。

その一方で、酸味もそこまで強くなく癖も少ないため飲みやすいコーヒー。

そのためシーンを限定せずに楽しむことができる。

比較的安価に入手できることもあり常備しておいても良いコーヒー。

詳細

ネ(鼻先で感じる香)ナッツ
アロマ(口から鼻に抜ける香り)ベリー
ボディ水のようにさらっと
酸味3.5
甘み3
濃厚さ1.5
クリーンさ4
余韻2

※数字の1〜5は、「弱:1〜5:強」とします。

次回予告

次回はコロンビアのスプレモをお届けします。

こちらも定番豆ですがその味やいかに。

Coffee
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました