No.6:東ティモール サントモンテ【コーヒーテイスティングノート】【コーヒー豆の味・特徴】

Coffee

コーヒーテイスティングノート、第6回目は東ティモールのサントモンテです。

同じアジアの国である東ティモール。

2002年に独立したアジアで一番新しい国です。

インドネシア、パプアニューギニア、オーストラリアに囲まれた国でインドネシアもパプアニューギニアもコーヒー栽培が盛んな国。


東ティモールもコーヒー栽培に適した気候をしているため、隣国の例にもれずコーヒー栽培が盛んで、おおよそ100万人の人口のうち1/4がコーヒー関連の職業に従事しているそうです。

東ティモールで非常に重要な産業であるコーヒー、その味は如何に。

※前回の豆は↓です。ご参考まで。

スポンサーリンク

豆の情報

銘柄サントモンテ
生成方式ウォシュド
焙煎日2020/4/5
賞味日2020/4/10
焙煎度合いR-21:ハイロースト

粒は中程度、ランダムにピックしましたが大きさはかなり綺麗に揃っています。

やや浅目のハイローストになります。

淹れ方

抽出方法V6O
豆の量13g
挽き具合細〜中挽き
湯温94℃
抽出時間2分27秒

前回同様にHARIOのV60、「コーヒーは楽しい」に記載のあった方法(お湯25gでまず蒸らし、その後25gずつ200gになるまで注ぐ)で抽出してます。

テイスティングノート

きれいなカラメル色をしたコーヒー

サマリー

明確にカラメルを感じるコーヒー。

香りもメープルシロップのようなほんのり甘い香り、わずかにフルーツも感じられる。飲んだ後も余韻はやや長めだがくどくは無い。

ほっとしたいとき、落ち着きたいときに飲むのが良さそう。

詳細

ネ(鼻先で感じる香)シロップ、フルーツ
アロマ(口から鼻に抜ける香り)カラメリゼ
ボディクリーミー
酸味2
甘み4
濃厚さ3
クリーンさ3
余韻4

※数字の1〜5は、「弱:1〜5:強」とします。

次回予告

次回はコスタリカのホワイトハニー精製、エルモカ農園 セロラクルスマイクロミルをお届けする予定です。

ホワイトハニーという名前で味が非常に楽しみな反面、覚えるのが大変…

Coffee
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました