No.18:ウガンダ | アフリカンスノー【コーヒーテイスティングノート】【コーヒー豆の味・特徴】

Coffee

コーヒーテイスティングノート、第18回目はウガンダのアフリカンスノーです。

…すみません、前回モカ・シダモと予告しましたがうっかり写真を撮るのを忘れてしまい、次に飲んだアフリカンスノーとしました。

ウガンダのコーヒーは初めて。ウガンダはアフリカの東に位置し、赤道も通る国。

ルウェンゾリ山地という雪に覆われた地域があったり、かなり大きなビクトリア湖、そして野生動物も数多く自然豊かな国のようです。

今回のアフリカンスノーは、その雪で覆われるルウェンゾリ山地で収穫されるコーヒー。柑橘系のアロマが香ると紹介していただきましたが、その味やいかに。

スポンサーリンク

豆の情報

銘柄ウガンダ アフリカンスノー
生成方式ウォシュド
焙煎日2020/8/21
賞味日2020/8/22
焙煎度合いR19 ミディアムロースト

中程度の大きさ、粒も揃っておりやや平たい楕円形の豆。

焙煎度合いはミディアムローストです。

淹れ方

抽出方法V6O
豆の量13g
挽き具合細〜中挽き
湯温94℃
抽出時間2分25秒

前回同様にHARIOのV60、「コーヒーは楽しい」に記載のあった方法(お湯25gでまず蒸らし、その後25gずつ200gになるまで注ぐ)で抽出してます。

今回から最初の蒸らし工程で攪拌をするようにしています。

テイスティングノート

最近買ったドラえもんの50周年記念カップで。

サマリー

初め、カラメルを感じるアロマだが、柑橘系(グレープフルーツに近いか)も感じる。

そのため、甘みもありつつも酸味も感じられる。ボディはややクリーミーだが重たすぎず余韻も程よい。

酸味の強い物が苦手な人でもすっきりと飲むことのできるコーヒー。

詳細

ネ(鼻先で感じる香)カラメル
アロマ(口から鼻に抜ける香り)カラメル、グレープフルーツ
ボディクリーミー
酸味3.5
甘み4
濃厚さ3
クリーンさ2
余韻3

※数字の1〜5は、「弱:1〜5:強」とします。

次回予告

次回はガテマラ・サンファン農園をお届けします。

今度こそ、きちんと予告通りに^^;

ご参考:今までのテイスティングノート

以下よりご覧ください。

Coffee Tasting Note
「Coffee Tasting Note」の記事一覧です。
Coffee
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました