No.20:ブラジル | サンジョングランデ農園【コーヒーテイスティングノート】【コーヒー豆の味・特徴】

Coffee

コーヒーテイスティングノート、第20回目はブラジル・サンジョングランデ農園のコーヒーです。

世界の生産量No1のコーヒー大国であることもあってか、このブログでもよく登場するブラジルの豆ですが、2019 Cup of Progressive Cerrad Washed部門で優勝した、特別感のある豆になります。

Cup of Progressive Cerradとは、ブラジルのセラード地方で開催されるスペシャリティコーヒーの品評会。

ブラジルの中でもセラード地方とは、非常に広大は平地エリアで気候も良く、標高も1000以上に位置し平地ということもあって陽のあたり方も均一とコーヒーにとって好条件が揃っている地域だそうです。

そこで栽培されたコーヒーはセラードコーヒーと呼ばれ、高品質なアラビカコーヒーの証明にもなるそうです。

そんな中で栽培されたサンジョングランテ農園のコーヒーの味やいかに。

スポンサーリンク

豆の情報

銘柄ブラジル サンジョングランテ農園
生成方式セミウォシュドのあと天日乾燥
焙煎日2020/9/13
賞味日2020/9/14
焙煎度合いR18 ミディアムロースト

中程度の大きさで粒も揃っています。

焙煎度合いはミディアムローストです。

淹れ方

抽出方法V6O
豆の量13g
挽き具合細〜中挽き
湯温94℃
抽出時間2分27秒

前回同様にHARIOのV60、「コーヒーは楽しい」に記載のあった方法(お湯25gでまず蒸らし、その後25gずつ200gになるまで注ぐ)で抽出してます。

テイスティングノート

サマリー

カラメル・チョコレートを感じるアロマ。甘みのあと爽やかに酸味も感じられる。

ネはあまり強くなく弱目のチョコレート系。

ボディはクリーミーだが余韻はさほど強くなくあっさりしている。

ブラジルの豆によくあるような、バランスが取れておりどんなシーンでもソツなくこなしてくれそうな、そんなコーヒー。

詳細

ネ(鼻先で感じる香)チョコレート
アロマ(口から鼻に抜ける香り)カラメル・チョコレート・柑橘
ボディクリーミー
酸味3.5
甘み4
濃厚さ3
クリーンさ4
余韻3

※数字の1〜5は、「弱:1〜5:強」とします。

次回予告

次回はルワンダのキニニAAをお届けします。

ルワンダのコーヒーは初めてとなりますが、アフリカのものらしく酸味が強いのでしょうか?

その味やいかに。

ご参考:今までのテイスティングノート

以下よりご覧ください。

Coffee Tasting Note
「Coffee Tasting Note」の記事一覧です。
Coffee
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました