Baracuta G9 Racing Green

Jacket
残暑もそこまでひどくなく、秋が近づいてきてますね。
衣類関係はすごく楽しみな季節がやってきます。ここ最近は雨が多く、履く革靴は…ですが^^;



今日は秋に向けて1着買い足したものを記録として。
Baracuta G9、ハリントンジャケットです。色は最近のグリーン好きに引っ張られてRacing Greenを選びました。

ボタンに記載があるようにBaracutaは1937年に誕生した、ハリントンジャケットを最初に創ったブランド。もともとはレインウェアブランドのようです。
Wikiによると平成24年までは丸紅がライセンス契約をしてたみたいですね。
最近は英国製ではなくなった、と言う噂も聞いてましたが、これは安心の英国製。

やはり特徴はこの裏地チェック。
Racing Greenだと完全にクリスマスカラーですねw

昔はコットン100%だったようですが、最近のモデルは綿50%、ポリエステル50%。
こちらも綿ポリ混紡です。撥水性があるようで、多少の雨は気にせずざっと着るのが良さそう。

この品質表示のタグが小さなポケットのようなところに入ってて面白い。

背面の山型カットがいいですね。

最近のモデルなので、昔と比較すると結構細身なので、IラインかAラインで着る形になりそうですが、テーパードデニムに合わせるのは鉄板だとして、アースカラーでブラウンのコーデュロイと合わせたりしても良さそうです。
ボタンダウンにタイドアップして合わせてもかっこいい。

いろいろ考えるのが楽しい季節。早くもっと涼しくなって欲しいなあ…

コメント

  1. まるすけさん

    お、バラクータとは、クラシックアイテムですね。ぼくは、マクレガーのスウィングトップを昔持ってたのですが、体型がくずれたので、着なくなってしまいました(笑)。

    古い映画ですと、スティーブ・マックイーンが、『華麗なる賭け』で着ていて、なんとも、格好良いです。たしか、白でした。真似したくなりますね(笑)。

    ではでは、失礼します。

    • しんのすけさん

      コメントありがとうございます。

      きっと、しんのすけさんはコメントくださるのでは、と思っておりました!
      なんだかんだ、クラシックなものって永く着れるので最近は選ぶことが多いです。(であれば80年ごろのバラクータが一番いいかもしれないですが^^;)
      マクレガーがラルフのスイングトップもいいですよね~!

      バラクータは「かっこいいおじさん」がガバッときているのが本当にかっこいいですよね!

タイトルとURLをコピーしました