2019/8/28 旧ブログ:Tanaoroshiから移行しました。お手数ですがブックマークの変更をお願いいたします。

-MTO- ヤマナカシャツでシャツのフルオーダー

Shirt
The Asakusa Cobblerでのオーダーに続き、かねてから気になっていたヤマナカシャツのアトリエにお邪魔し、シャツのオーダーをしてきました。
ヤマナカシャツは、このブログを始める前からずっと拝読しているブログ「いぶし銀杏な生活」の運営をされているgohkitiさんが紹介されており、ぜひ私も訪問してみたい!とお伝えしたところ、なんとアテンドいただけることに…!
ヤマナカシャツでオーダーしたシャツが完成しました(レビュー) ヤマナカシャツのHPで生地を探す楽しみもさることながら、gohkitiさんとお会いするのも非常に楽しみで、ワクワクしながら当日を迎えました。
アトリエ訪問の前に船橋法典駅前のポカラ伯爵でランチ。巨大なナンにより採寸に影響が出るのではないか、というくらい満腹に^^;
そしていよいよアトリエへ到着。自然豊かな閑静な住宅街の中にあり、まさにアトリエという雰囲気。※写真はHPより引用させていただきました。山中さんにお出迎え頂き、早速どんなシャツを作るかを相談。
事前にHPで生地を見て、シャンブレーかシーアイランドコットンが気になっていました。シーアイランドコットンはドレス用の白シャツを、と思って候補にしていたのですが、今オーダーすればおおよそ7月末には出来上がるとのこともあり、今回はシャンブレーとし、Thomas Mason Silver Line 100番双糸のサックスブルーシャンブレーで作ることに。 と、簡単に書いていますが、非常にたくさんの魅力的な生地があり、シャンブレーやシーアイランドコットン以外にも、これもいいな、あれもいいなと目移りに次ぐ目移り^^; 魅力的な生地がありすぎて悩みましたが、次回に取っておくことに。(まだ1着目もできていないのに次のことを考えてしまうほどです。特にカルロリーバのデニム生地は形容しがたい滑らかさ。3万でBARBAを買うなら4万でカルロリーバを、なんて話もgohkitiさんと笑)
生地選びの次は襟の形、高さ、ネーム刺繍、ボタンなどどんどん仕様を決めていきます。シャンブレーであればホリゾンタルで胸ポケットはなしと決めていたので、この辺りはスムーズに。gohkitiさんからも、前たてに芯を入れると綺麗に形が保てておすすめ、というアドバイスも頂いたのでそちらも真似させていただきました^^
採寸も山中さんに実施していただきました
そんなこんなで、あっという間に楽しい時間は過ぎ、オーダー完了です。今回、採寸していただいたことで次回以降はネットでも注文できるのですが、また伺って色々とお話を伺いながら作成するのが良いなと思います。色々とシャツ業界についても教えて頂けますし、何よりも生地を実際に見て、触って、仕様や不明点をプロと相談しながら決めるというオーダーならではの体験はかえがたいものがあります。 シャツの完成は7/25ごろ。その頃には梅雨も開けて夏本番、ということになるかと思いますが夏に快適に着られるシャツとともに乗り切りたいと思います。 gohkitiさん、重ねてになりますが楽しい時間をありがとうございました◎

コメント

  1. まるすけさん、昨日はお疲れ様でした!実際にお会いすることができて嬉しかったです(^^)
    道中様々な有益な情報も頂戴し、大変有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございます!
    自分もいつかはカルロリーバのデニムシャツを、と思いますが、もう少し数を揃える方が先かなぁ。
    隣で自分のシャツも作りたくなってしまい、ウズウズしていました(苦笑)。
    秋口に向けてどんなシャツを作るか、検討したいと思います。
    完成が楽しみですね!また遊びに行きましょう♪

  2. gohkitiさん、こんばんは!

    コメントありがとうございます。

    こちらこそ大変有意義なお時間ありがとうございました!私もお会いできて嬉しかったです。
    カルロリーバのデニム、頭から離れ流気配がなく、冬のボーナスで・・・なんて考えてしまっています笑
    岡山のデニム生地も素晴らしかったですし、gohkitiさんの次のオーダーも楽しみにしております。

    おかげさまで、また1つファッションの楽しみ方を覚えた気がします。ぜひまたよろしくお願いいたします^^

タイトルとURLをコピーしました