No.24:ブラジル | フルッタメルカドン【コーヒーテイスティングノート】【コーヒー豆の味・特徴】

Coffee

コーヒーテイスティングノート、第24回目はブラジルのフルッタメルカドンです。


言わずと知れた生産量世界一位のコーヒー大国ブラジル、その中でも今回のフルッタメルカドンは天然酵母でコーヒーチェリーを発酵させるという珍しい製法のものになります。


フルッタメルカドンはポルトガル語で「フルーツ市場」という意味を持つようで、その名の通りフルーティな味わいが特徴なんだとか。


ブラジルの豆はベーシックで癖のない味わいのものが多いと思いきや、このような変化球的なものもあり、その名の通りコーヒー大国なのだなあと感じます。


フルーツ市場の名の通り、フルーティな味わいが期待できますが、果たしてどうでしょうか。

スポンサーリンク

豆の情報

銘柄ブラジル フルッタメルカドン
生成方式ナチュラル 天然酵母
焙煎日2020/12/30
賞味日2020/12/31
焙煎度合いR18 ミディアムロースト

小粒ですね。粒は綺麗に揃っています。

焙煎度合いはミディアムローストです。

淹れ方

抽出方法V6O
豆の量13g
挽き具合細〜中挽き
湯温94℃
抽出時間2分24秒

前回同様にHARIOのV60、「コーヒーは楽しい」に記載のあった方法(お湯25gでまず蒸らし、その後25gずつ200gになるまで注ぐ)で抽出してます。

テイスティングノート

サマリー

豆の時点でもかなり香ばしく、淹れたあともネはそのまま香ばしいナッツを感じる。


アロマもナッツを感じたのちに、ベリーや柑橘系でさっぱりとしており後味も軽い。


唯一無二感のある豆であまり何かと一緒に、というよりもコーヒー単体でその味を楽しみたくなる豆。

詳細

※数字の1〜5は、「弱:1〜5:強」とします。

ネ(鼻先で感じる香)焼いたナッツ
アロマ(口から鼻に抜ける香り)焼いたナッツ、チェリー、オレンジ
ボディライト
酸味3
甘み3.5
濃厚さ2.5
クリーンさ3.5
余韻3

次回予告

次回はベラクルスルビーをお届けします。


メキシコの豆は初めてかな?


その味やいかに。

ご参考:今までのテイスティングノート

以下よりご覧ください。

Coffee Tasting Note
「Coffee Tasting Note」の記事一覧です。
Coffee
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました