No.19:グアテマラ | サンファン農園【コーヒーテイスティングノート】【コーヒー豆の味・特徴】

Coffee

コーヒーテイスティングノート、第19回目はグアテマラのサンファン農園のコーヒーです。

グアテマラはメキシコの南にある国、さらにその東にはTシャツでよく聞くエルサルバドルがあります。

グアテマラはコーヒー栽培が盛んでその中でも一番有名なのはブルーレイクアテトランでしょうか?

今回のサンファン農園は標高が1920mほどのところにあり、コーヒー栽培に適しています。実際、グアテマラのコーヒーで一級品とされるのは1350m以上のところで取れたもの、と規定があるようです。

そんな中で栽培されたサンファン農園のコーヒーの味やいかに。

スポンサーリンク

豆の情報

銘柄ガテマラ サンファン農園
生成方式フリーウォシュド
焙煎日2020/8/21
賞味日2020/8/23
焙煎度合いR19 ミディアムロースト

やや大きめの粒、粒も揃っておりやや平たい楕円形の豆。

焙煎度合いはミディアムローストです。

淹れ方

抽出方法V6O
豆の量13g
挽き具合細〜中挽き
湯温94℃
抽出時間2分27秒

前回同様にHARIOのV60、「コーヒーは楽しい」に記載のあった方法(お湯25gでまず蒸らし、その後25gずつ200gになるまで注ぐ)で抽出してます。

テイスティングノート

サマリー

華やかなネ、非常に滑らかなボディ、オレンジのような柑橘系のアロマを感じた後にカラメルも感じる、複雑だが段階的な味の変化でとても贅沢な気分にさせてくれるコーヒー。

コーヒー単体、ブラックで飲むのが良さそう。

これを水出しコーヒーにしたら面白そうなので後ほど試してみることとする。

詳細

ネ(鼻先で感じる香)フローラル
アロマ(口から鼻に抜ける香り)カラメル、オレンジ
ボディクリーミー
酸味3.5
甘み3
濃厚さ3.5
クリーンさ2
余韻4

※数字の1〜5は、「弱:1〜5:強」とします。

次回予告

次回はブラジルのサンジョングランデ農園をお届けします。

こちらは2019年にブラジルの品評会で優勝したロットのもの。

コーヒー大国の優勝ロット、その味やいかに。

ご参考:今までのテイスティングノート

以下よりご覧ください。

Coffee Tasting Note
「Coffee Tasting Note」の記事一覧です。
Coffee
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました