No.30:ハワイ | コナコーヒー【コーヒーテイスティングノート】【コーヒー豆の味・特徴】

Coffee

コーヒーテイスティングノート、第30回目はハワイコナです。


コナコーヒーといえばハワイ系のカフェなどでもれなくメニューに入る有名なコーヒーですが、生産地はハワイ島の西側にあるコナ地区、そこからコナコーヒーと呼ばれているようです。ブルーマウンテンと同じく世界最高品質のコーヒーと言われています。


個人的にはハワイ旅行で、カイルアのスタバで飲んだコナのコールドブリューが忘れられないほど美味しかったのを思い出します。


こんな状況ですから、ハワイに行くことは当面叶わないでしょうが、せめてコーヒーでということで…

スポンサーリンク

豆の情報

銘柄ハワイコナ
生成方式ウォシュド
焙煎日2021/6/21
賞味日2021/6/28
焙煎度合いミディアムロースト

中から大粒の綺麗な楕円形。香ばしく飲欲をそそられます。


焙煎度合いはミディアムローストです。

淹れ方

抽出方法V6O
豆の量13g
挽き具合細〜中挽き
湯温94℃
抽出時間2分25秒

前回同様にHARIOのV60、「コーヒーは楽しい」に記載のあった方法(お湯25gでまず蒸らし、その後25gずつ200gになるまで注ぐ)で抽出してます。

テイスティングノート

サマリー

ハワイが誇る高級コーヒーの名に恥じない、深みとコクのある味わい。


酸味あり、苦味も感じる豊かな味わいで、マカダミアナッツやアーモンドのような香ばしさもありながら甘味も感じる。


もちろんホットでも美味しいのだが、コールドブリューにしても非常に美味しいため、ちょっとした贅沢をしたい時には最適なコーヒー。


もちろんパンケーキとの相性も最高である。

詳細

ネ(鼻先で感じる香)ナッツ、フローラル
アロマ(口から鼻に抜ける香り)アーモンド、マカダミア
ボディクリーミー・ライト
酸味2
甘み3.5
濃厚さ3.5
クリーンさ3
余韻3.5

※数字の1〜5は、「弱:1〜5:強」とします。

次回予告

次回は温泉コーヒーをお届けします。


名前がとてもキャッチーな温泉コーヒー、その味やいかに。

ご参考:今までのテイスティングノート

以下よりご覧ください。

Coffee Tasting Note
「Coffee Tasting Note」の記事一覧です。
Coffee
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました