No.22:ホンジュラス | インテグラル シプレス農園【コーヒーテイスティングノート】【コーヒー豆の味・特徴】

Coffee

コーヒーテイスティングノート、第22回目はホンジュラス・インテグラル シプレス農園です。


テイスティングノートの中では初登場のホンジュラスですが、インテグラル シプレス農園の豆はk国際品評会で上位に名を連ねる名豆だそうです。


パイン、ジャスミンと「え、これ紅茶じゃないよね?」と聞きたくなるような特徴が書かれていることもあり、未知との遭遇感が非常に強い。


ちなみにホンジュラスはコーヒーの生産はとても盛んで、生産量ランキングでも6位に入るほどの国。


中央アメリカではコーヒー栽培が盛んですが、ホンジュラスのコーヒーは低品質と言われていたところ、ホンジュラスコーヒー教会が本腰を入れて支援し始めたこともあって、今回のコーヒーのような高品質な豆もで始めているようです。


前述の通り、パインやジャスミンとコーヒーらしくないワードが並ぶ豆、その味やいかに。

スポンサーリンク

豆の情報

銘柄ホンジュラス インテグラル シプレス農園
生成方式ウォシュド
焙煎日2020/10/10
賞味日2020/10/12
焙煎度合いR20 ハイロースト

中程度の大きさ、粒は綺麗に揃っています。

焙煎度合いはハイローストです。

淹れ方

抽出方法V6O
豆の量13g
挽き具合細〜中挽き
湯温94℃
抽出時間2分25秒

前回同様にHARIOのV60、「コーヒーは楽しい」に記載のあった方法(お湯25gでまず蒸らし、その後25gずつ200gになるまで注ぐ)で抽出してます。

テイスティングノート

サマリー

爽やかあっさり。


その一言に尽きるコーヒー。


今まで飲んだことのない味わいでコーヒーの苦味や酸味をあまり感じない。


ネはパッションフルーツ、アロマはほんのりとジャスミンが香り、その後ネと同じくパッションフルーツを感じる。


マフィンなど紅茶と相性が良い物と一緒に味わうと楽しそうなコーヒー。

詳細

ネ(鼻先で感じる香)パッションフルーツ
アロマ(口から鼻に抜ける香り)ジャスミン
ボディライト
酸味2
甘み2.5
濃厚さ2
クリーンさ4
余韻2

※数字の1〜5は、「弱:1〜5:強」とします。

次回予告

次回は入りガチャフィG1をお届けします。


酸味系の代表格。


その味やいかに。

ご参考:今までのテイスティングノート

以下よりご覧ください。

Coffee Tasting Note
「Coffee Tasting Note」の記事一覧です。
Coffee
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました