9年目になるマルジェラのハの字ライダース【Maison Martin Margiela 14 5ZIP RIDERS】

Jacket

このブログの前身であるTanaoroshiで最初のポスト、100ポスト目と節目に登場しているマルジェラのハの字ライダース。


早いもので今年で9年目を迎えました。


購入したのは2011AWシーズンのもので、ボーナスを握り締めてマルジェラオモテサンドウに向かったこと、現金払いでオモテサンドウの当時の店長さんからとても珍しがられた(確かに今では考えられません笑)のを鮮明に覚えています。



このライダースは、私の所有する洋服の中で1,2を争うほど愛着のあるものであり、一生ものにしたいと思っている洋服。


自分のための記録、という位置付けが強いこのポストですが、ライダースのエイジングという体でお楽しみいただければ幸いです。

スポンサーリンク

マルジェラの代表作、ハの字ライダース

おさらいも含めて、ハの字ライダースについて。


このブログをご覧いただいている方であればご存知の方が多いかと思いますが、「ハの字」は前面に配された斜めのジップがカタカナの「ハ」に見えることから来ています。


正しくは5ジップライダース。ですが、日本ではハの字の方が伝わりますね。


1998年にリリースされてから、今に至るまで毎年リリースされていますが、シーズンごとに素材が変わったり、ジップのメーカーが変わったり、着丈や身幅のバランスが変わったり。


生産国もイタリア、ルーマニア、インドと変遷していて。


素材に関しては、レザーに限らずマルジェラお得意のニットで作られるものもあれば、コットンで作られたもの、デニムで作られたものなど多岐に渡ります。


ジップはMRS、YKK、ririなどメジャーどころが使用されており、色味もシーズンによって異なる。


着丈など、初期のものは丈が短く身幅がある、脇下のベンチレーションもあるパターン、私が購入したものはその逆でタイト目、ベンチレーションはないパターン、最近のものはどうかわかりませんが、おそらくタイトになっているのかな?


現在のものは、4つ糸がこのハの字ライダースにも背中には配されていて、価格も35万ほどと随分と値上がりしていますが、今でも人気のあるマルジェラと言えば、のデザインであることは間違いなさそうです。

2011AWの仕様

私が購入したのは2011AWのものです。簡単に仕様についてご紹介します。

素材

牛革になります。


柔らかすぎず、硬すぎず、ゴツすぎず優しすぎずと最もあきのこない素材。

ジップ

ガンメタリックカラーの、YKK製です。


シルバーで悪目立ちせず、落ち着いていてこちらもあきのこない色味。


素材とこのジップの組み合わせで選んだといっても過言ではありません。


ハの字の部分はダブルジップ、真ん中はシングルジップになります。裾が細いので真ん中もダブルジップだったら良かったのですが、ダブルジップのものはほとんどリリースされていないようです。

パターン

前述の通り、着丈はやや長め、身幅は細めの細長いシルエット。


丈がそれなりに長いので、パンツのベルトが隠れるくらいのちょうど良い丈です。

シーズン・生産国

シーズンは2011AW


シーズンの立ち上がりに買いに行ったので、真夏のめちゃくちゃ暑い時に購入しました笑


生産国はルーマニアでこのシーズンからイタリア製からルーマニアに変わるものが出てきています。


当時はイタリア製がよかったなあと思っていましたが、ニットなどもイタリアとルーマニアそれぞれのものを所有していますが、大きく何かが変わっている部分は見られませんので、特に気にならなくなりました。


直接見たことがないのでなんとも言えませんが、ガリアーノに変わってから程なくして、このライダースもインドに生産国が切り替わ利、その後またルーマニアに戻ったそうです。

ライン

ラインは14番。


元々、ハの字ライダースは10番から出ていた(もしくは変わり種の素材は10番)ようですが、定番ということで14番に変わったようです。


個人的にも14番はとても好きなライン。使いやすいアイテムが多いので。

購入価格

2011年当時の購入価格は、おおよそ27万円ほどだったと思います。


今現在は35万円を超えているらしいので、思い切って買って良かった…


初期の頃は20万円をきっていたようですから、レザーのアイテムは今後も高騰することを考えると、思い立った時に買うのがいいのかもしれませんね。

エイジング

本当に9年着てるの?と言われそうなくらい、まだまだ綺麗な状態ですが私の身体にあったシワは確実に刻まれていっています。


基本的に休日飲みの着用でも、9年ともなると着用時間は1000時間は軽く超えているはず。


ですが、縫製のほつれや破れなどは幸いまだ見られません。


革自体ももちろん丈夫で、滑らか。特に補色をしているわけではありませんが、色抜けやスレも見られず、革の輝きは増しています。


革の表面を見てみるとトラがあったりするのですが、綺麗すぎてもマルジェラらしくないのでこちらも全く気になりません。トラ自体、そもそも悪いものではありませんしね。


革なので、それなりに重さもありますが私の身体に馴染んでいるため不思議と疲れにくい。唯一無二のライダースになってくれています。


なかなかマルジェラのライダースのエイジングを見ることは少ないので、今後も気が向いた時に記録として残していこうと思います。

ハの字ライダースの手入れ

購入した時、当時の店長さんには、


「着ることが一番の手入れ、困ったらハンドクリームでも十分です」


というアドバイスをもらい、しばらくは着て、ハンドクリームを手に塗った時にこのライダースをなでなでするという、手入れを実施していました。


ですが、革靴を履くようになってから革の扱いが少しわかるようになり、今現在はサフィールのレザーバームローションを手で塗り込み、ブラッシングして乾拭きするという手入れを実施しています。


ローションを使うのは頻度は年に1度だけ。それ以外で気になったらブラッシングと乾拭き飲みしています。


上記のケアで乾燥も防げていますし、割れたりすることもないのでこの手入れをし続けていこうと思っています。

まだまだこれから

9年目を迎えたマルジェラのハの字ライダース。


春と秋が短くなっている昨今の状況だと、気持ちよく着られる時期が短い(昔は真冬でもニットの上に着ていましたが)ので、エイジングが加速することはなかなかないかもしれません。


ですが間違いなく袖を通して気分がよくなるこのライダースは今後も私の中で大切な一着であり続けることは間違いなさそうです。


今後もよろしく頼みます^^

Jacket
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

  1. この記事を楽しみに待っていました。
    服を大切にされている感じとても憧れます!
    私も近いうちに素敵なレザージャケットにめぐりあいたいものです。

    • sssadmさん、コメントありがとうございます!

      お待たせいたしました!このライダースはやはり特別で、大切にしています。
      レザーは今後もいいレザーが手に入りづらくなったりする可能性が高いので、
      早めに良いものが見つかると良いですね◎
      もし良いものがみつかったらぜひ教えてください^^今後ともよろしくお願いいたします!

  2. いつも楽しく拝見させていただいております。
    私も11AWのOPTIジップの物を所有しております。
    44サイズなので脇のあたりがキツイですが9年着続けてます。
    私のはフロントジップの根本のテープの劣化や裏地のスレが気になってきましたが、まだまだ着ていきたいと思います。
    次回の記事も楽しみにしております。

    • junさん、初めまして。コメントありがとうございます!

      ご覧くださっているとのこと、ありがとうございます。とても嬉しいです。
      そして同じ11AWのライダースをお持ち、しかもOPTIジップのものなのですね!
      着込まれておられると思いますのでぜひ拝見したいです^^
      私の場合はまだ着用回数が少ないのかもしれないのと、過保護すぎるのかなあと思ったり^^;

      ぜひ今後ともよろしくお願いいたします◎

タイトルとURLをコピーしました