圧巻の太さ、NEATのカツラギワイドパンツ【2021SS】

Pants

ワイドパンツやビッグシルエットブームにも陰りが見え始めているらしいですが、そんなの関係ねえと言わんばかりにNEATのカツラギワイドパンツを購入しました。


アローズの株主優待券の期限が迫っていて何を購入しようかと思っていたところに、残り全店舗で1点ということも後押し。


NEATのパンツはいくつか型があるようで、テーパードがかかったものが一番人気があるのかな?ですがテーパードよりもズドンと落ちるワイドストレートのパンツはRICHFIELDの物しか持っていないのでワイドに。


評判通り、独特な雰囲気とシルエットを持つパンツです。いつも通り、パンツの詳細とともにお届けします。

スポンサーリンク

2021SS NEAT The Katsuragi Wide

こちらが購入したパンツになります。自分でもびっくりするくらい曲がってて見辛いですね…すみません。


やはり目を引くのはその太さ。特に膝からズドンと落ちる。
※ストン、ではなくズドンが見合う


私自身、ワイドパンツは靴が隠れてしまいバランスが取りにくいと感じていたので避けてきたのですが、パンツの存在感でなんとかなりそう。


素材は名称通り、カツラギです。


カツラギはいわゆるツイルのことで、太めの番手の糸を綾織で仕立てたもの。


このパンツに使っているカツラギは太めの糸を甘めに織り、その後ハリの出る加工をしているそう。


地厚で硬いけれど、硬すぎず動きの出る絶妙な生地感だと思います。ワイドパンツの生地が柔らかすぎて、ひらひら靡いてしまってはカッコ悪いですから。



ドレスパンツのように綺麗に仕立てられていますが、NEATのパンツで顔と言ってもいい最大の特徴はやはりインプリーツ。


内寄りに、かなり深めにとられたプリーツ。なかなか見かけることがない仕様です。


ウエスマンも太めにとられていてバランスをとっているのではと感じますが、やはりインプリーツの迫力が目を惹きます。

外側のプリーツはおよそ3cmの深さ!独特のシルエットはここから生まれるのかな。

サイドから見ると膝までにプリーツを吸収するようにテーパーして、膝下からはストレートのシルエット。


普段見るドレスパンツは腰回りが膨らんでいるものはほぼないのですが、ワタリ幅は32cm、裾幅はなんと26cm!


すごく…太いです…


昨年購入したRICHFIELDのパンツが細く見えるほど^^;




後ろにも小さくタックがとられています。どれだけ吸収するの大変なんだ^^;


また、裾の仕上げはダブルの5cmにしました。NEATのパンツはシングルで短めに仕上げている方が多いそうですが、ワイドパンツで短めだとひらひらと浮いてしまいそうでやや長めにたっぷりと。


太いですがゴワツキもさほどなく、まずは正解だったかなと思います。

コーディネート

Tops : Saint James ouessant
Pant : NEAT
Shoes : Sanders

セントジェームスの定番、エルボーパッチ付きウエッソンと。まだ生地が硬くちょっとゴワついてるように見えますね^^;


丈を長めにダブルで仕上げたこともあって、靴の存在感は小さくなると思いベーシックで飾らない、でもそれなりにボリュームもあるサンダースのPTBと合わせました。


存在感のあるパンツですので、無地Tと合わせるのも良いのですがチノとウエッソンの相性の良さそのままに良さそうです。


無地の半袖Tシャツとどんどん合わせたいと思いつつ、厚みのある生地なので真夏は厳しいかな^^;


逆に秋冬でも履けそうなので、どう合わせていくかは要検討です!

まとめ

履いて洗濯してを10回程度繰り返していますがまだまだ生地はこなれておらず、自分のものにするには時間がかかりそうですが、存在感があり、かつ今まで経験したことのないシルエットなので今後思わぬ発見があるかなと思えるパンツ。


ダブルからシングルへの変更など、長さや仕上げでもいろいろ楽しめそうです。


この一本を当分楽しんでみようと思います^^

Pants
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました