COL(コルウ)の東京トランクショーに参加してきました

  • URLをコピーしました!

ビスポークジャケットがもう少しで完成というところですが、その完成前にもかかわらずCOLさんの東京トランクショーに参加してきました。


昨今、色々なものが値上がりして歯止めが効かない状況ですし、いずれ確実に頼むものは頼んでおこうという狙いで秋冬のグレーのジャケットをお願いしにいきました。


今回はいつもの銀座サワモトではなく、ホテルオークラで行われたトランクショーに参加。レスレストンのトランクショーで訪問した依頼、久しぶりでしたが周辺が工事工事で少し行くのに手間取りました^^;


フロントでCOLのトランクショーに来た旨を伝えて会場の部屋へ。

見終わった後で散らばってます…スミマセン

先日神戸のアトリエに伺った際のお礼等、簡単に挨拶して早速生地を。


シーズンのバンチブック、COLさんのストック生地などトランクショーといえどかなりの数の生地が見られます。トランクショーで楽しい最初の瞬間です。

今回の目当てはDRAPERS、期間限定で20%割引、さらにクラシックな柄が今シーズンは多いとのことで。DRAPERSだけでも100は有に超える生地があり、魅力的なものがたくさん…

チェックがかなり豊富だった印象ですが、かなり心惹かれたのはこのハウンドトゥース。


ベージュ、グレー、グリーン、ブラウンが良いバランスで配色されており、そのいずれかの色のたタートルネックに合わせたら最高だと思います。

と、目移りしながらもグレーのジャケットを作りたかったので初志貫徹でこちらのヘリンボーンを選びました。


グレンチェックもいいかなと最初は思っていたものの、あまり刺さるものがなかったこともあります。
(ハウンドトゥースは似たものを持っていたので断念しましたが、もし持っていなければ…)


なお、なぜか当日はグレーのジャケットをオーダーされる方が多かったそうです。

5mmピッチくらいのヘリンボーン、明るすぎず暗すぎずでネイビーはもちろん、濃いグレーのパンツにも合うでしょうから間違いなく汎用性高く着用できます。どこのミルのものかしら。


なお、前回スミズーラでお願いしたジャケットの仕様から袖ボタンを並びにし袖付けを割り付けにしていただく以外は、寸法もかえずに対応いただくことになりました。体型の変化や生地の特性よる調整は今後あり得ると思いますがスミズーラもこれで5着めになり、私にとってのCOLのスミズーラは、完成度がかなり上がったのだと思います。

私の大好きな霜崎さんのシューズも

あっという間の1時間でしたが、多くの生地を目にすることができシフクのひと時でした。秋冬は数を作っていただきましたので、次は春夏のジャケットを少しずつ揃えていきたいと思っています。


ビスポークのジャケットとともに、待つ楽しみが増えました。到着次第またご紹介いたします。COLの皆様、今回もありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents