究極のロングホーズソックス -GLEN CLYDE Sea Island Cotton-

Socks

先日のThing Fabricsに続き、靴下ネタを。オンの時には基本的には通年ロングホーズしか履かないのですが、ハリソンやSEEK、セレクトショップオリジナルのものを適宜買い足して使っていました。



ロングホーズを履いた時のひざ下の安心感は代え難く、ロングホーズである、という時点で特に不満はなかったのですが、履いていたものの1つがダメになってしまったため究極のソックスと称されるGLEN CLYDEのSea Island Cottonのものを試しに購入してみました。

GLEN CLYDEはコーデュラナイロンを使ったものが有名で、ソックスなのに永久交換保証をしてくれるシリーズが一番有名でしょうか。ここのカジュアルラインはいくつか履いていますが、ナイロンのゴワゴワ感もなく非常にタフ・経年変化も少ないため愛用しております。   ロングホーズは扱うところが少ないため、御徒町と秋葉原の間にあるGLEN CLYDEの全ラインを扱う直営ショップがあるので、先日伺って購入してきました。

※こちらの店舗は13〜14時ごろ休憩のことが多いです。ご訪問の際はご注意を。

ピンボケ気味で恐縮ですが、しっかりしたパッケージ。

表の糸がSea Island Cotton100%ということで、非常に滑らかな手触り。ジョンスメドレー のニットを触っているかのような触り心地。それでいて、裏糸はナイロン20%混紡なので耐久性もありそう。

「幻のコットン」「群を抜く特性」履くまでの期待を非常に高めてくれる解説。早速履いてみました。

スルスルっと摩擦を感じることなく足通りがスムース!少しつま先部分がサイズの関係かダブつきますが、縫い目を感じることもなく非常に快適。締め付けはあるのでずり落ちることなく、不思議と脱いだ後でも靴下の跡が残りません。

他のメーカーの靴下でも十分に満足していたのですが、究極のソックスの名の通りの品質だと思います。あとは洗濯を繰り返してどれだけ品質が維持できるか、ですね。あとは、色展開が無地ブラックとネイビーのみなので、チャコールグレーやドットのものが追加されるといいなー^^

唯一の不満、と言っても品質の面から仕方ないとは思うのですが、価格が¥3,500+TAX…今回購入したものの耐久性も見て、こちらで揃えるかどうかは検討したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました