さいたま市のギャラリーtakaseでTORICIのアイスコットンソックスを購入

  • URLをコピーしました!

夏にでも快適に履けるソックスを購入したのでご紹介します。


TORICIというブランドのアイスコットンソックスです。今回購入した際に初めて知ったブランド。

TORICI(トリチ)は手触りの良さ、軽さ、強さ、そして色彩の美しさ

全てを満たす高品質な糸を世界中から厳選し日本の職人の手仕事で一着一着丁寧に編み上げる高いクオリティとシンプルなデザインで長く使える時代に左右されない「定番」としてのニットウェアブランドです。

https://torici.jp/about/

上記は公式HPから引用していますが、ニットを中心に展開しているブランドで素材・縫製へとても拘っているブランド。ブランドを立ち上げられた鳥飼さんにもお会いしたのですが、その際にも熱量を持ってこだわりを教えてくださいました。

夏はニットTシャツがメインの商品でそちらもとても気持ちよかったのですが、欲しかった霜降りグレーはサイズが切れていて。まずはお試しという気持ちもあり、こちらのアイスコットンを使ったソックスを購入しました。


アイスコットンの名の通り、ひやっとした触り心地のコットンを使っていて肌触りが良く、そして凹凸感もあるので肌にまとわりつく感覚がありません。


エジプトのGIZAコットンをイタリアで紡績、その糸を使って日本で製作と前述のこだわりが感じられます。

早速履いてみると、手触りの通りざらっとした肌触りですが滑らかさも損なわれておらず吐いていて気持ちが良いです。また、ソックスの形も良いのか変なダブ付きもありません。

その足で早速ローファーと合わせて。この日は30度ごえの蒸し暑い日でしたが、数時間の着用でもムレはあまり感じずとても快適でした。何気に、真っ白ではなくオフホワイトくらいの色味なのも嬉しいポイントです。

価格は¥2,420とソックスとしては比較的高め。こだわりや履き心地の面からはとても良いソックスですが、後は耐久性がどうかといったところですね。ナイロンは入っていないですがそこがどうなるかな。

タイトルに記載しましたが、購入したのはさいたま市のギャラリーtakaseさんです。友人から教えてもらったのですが、今回のTORICIをはじめ色々なブランドのPOP UPをやられていたり、中には縄文土器があったりととてもユニーク。

TORICIのニットが窓際に

残念ながら一旦閉店されて形態を再考して再オープンされるとのことです。


TORICIのPOP UPも来年2月にまたやる予定とのことで、その際にはまた訪問しようと思います。シルクカシミヤのストールがまた素晴らしかったのもあって秋冬のコレクションも楽しみです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents
閉じる