古着のコートの袖丈をお直し。阪急メンズ東京リメイキングサロン

Maintenance

なかなか良い店舗を見つけられずにいたお直しサロン。

SARTOは一度行ってみたものの、どうも肌に合わず。

かといって、軽くテーパードがかかったパンツのダブル仕上げを断られるなど近所のお直しサロンにもなかなか良いところを見つけられず。

そんな調子でお直し難民だったのですが、とても信頼のおけるお直しサロンを見つけました。

有楽町の阪急メンズ東京、リメイキングサロンです。

元々はgohkitiさんのブログに書かれているのを拝見し、RICHFIELDのデニムをチェーンステッチで裾上げしてもらうために訪問しました。


結局その時は納期の都合上お願いしなかったものの、とても親切に対応して頂いたので何かお願いしてみたいと思っていました。

そんな折、その昔に都内の古着屋で購入したものの、ここ数年は袖丈が短いため全く出番のなかったアクアスキュータムのカシミヤコートをクローゼットで発見。

袖丈のお直しをリメイキングサロンに出してみることとしました。

スポンサーリンク

阪急メンズ東京リメイキングサロン

https://form-i.co.jp/kantou/tokyo/hankyu_mens_tokyo/

有楽町駅すぐの阪急メンズ東京8Fにあります。

独自のお直しサロンではなく、三越や伊勢丹などにも入っているフォルムアイの1店舗のようです。

お直しの店舗の数多くはカウンター形式でスペースも狭いことがほとんどですが、こちらのサロンはかなり広々としており、お直し箇所をじっくりと余裕をもって相談することができます。

実際、私が相談した時も相談から採寸まで30分程度かけて行って頂きました。

お直ししたコート

前述の通り、アクアスキュータムのカシミヤコートです。

そこまで厚手ではなくさらっと羽織ることができるのですが、古着のこの手のコートのあるあるで、身幅で合わせると袖丈が足りない。

カジュアルならまだしもドレススタイルの方が多い最近では袖丈が短くジャケットなども丸見え。

近年ではほとんど着用せずにいました。

コットンやコットンポリだと、袖丈だしをしてしまうと折線がはっきり見えてしまうリスクも高いのですが、今回はカシミヤ(ウールも同等)ということでその復元力に期待してお直しに。

お直し箇所

ということで今回はジャケットを着用していても隠れるように、袖丈を可能な限り出してもらうように依頼。

今回は表地の限界まで出してもらうことにした結果、袖丈だしの数値は5cmとなりました。
(当時どれだけ袖丈気にせず買っていたんだか…^^;)

5cmも出すと流石に裏地も足りないということで裏地も継ぎ足し、さらにストラップの移動も入ったことで価格は¥5,500。

年末に依頼したのですが、年末年始は非常に混み合うということで納期はおおよそ1ヶ月でした。

そんなこんなであっという間に1ヶ月たち、1月末に受け取りに。ここからがお直し後になります。

折り線がついていないかを真っ先に確認しましたが、ご覧の通りとても綺麗に直っています。

多少は仕方がないと思っていただけに、嬉しい誤算です。

裏地もとても綺麗に縫製され、

裏地の継ぎ足しも二の腕のあたりで施術されており、着ていても全く気になりません。

てっきり、袖先に追加をするのかと思っていたのですが、元のデザインを極力壊さないようにとこの位置で継ぎ足して頂きました。

直して頂いたおかげで早速仕事にも着用しています。お願いしてよかったです。

まとめ

この施術内容で¥5,500であれば非常に満足です。

阪急にいく前に試しに近所のお直し店にも見積もりをもらったのですが、価格は¥8,000、納期も同程度ということでした。

百貨店でのお直しを請け負っているだけあって、間違いない品質。

にもかかわらず良心的な価格と納得のいく事前打ち合わせ。

とても信頼のおけるお直しサロンです。

もし、お直しでお困りでしたら一度相談してみると良いと思います。
私は今後も大事な衣料のお直しはこちらにお願いします^^

Maintenance
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

  1. この内容で5500円は素敵ですね。
    古着やヴィンテージはどうしてもお直しとの付き合いが必要なので、この手の記事は参考になります。
    近くで腕のいいお直し探さないと……

    • そろそろさん、コメントありがとうございます!

      そうですよね、古着の場合どこかしら直せばばっちりハマるものも多々ありますよね。
      アームホール直したり、身幅詰めたり…

      良いところが見つかると良いですね◎

  2. 洋服のお直しの店は絶対に必要な存在ですよね。地方でオーダー店はどんどんなくなっていますが、お直し店はしぶとく生き残ってますから。
    私もお気に入りの店があります。ココは昔からある店で、暗い路地にある昭和の店。虫に喰われた穴や破れを、余り生地を活用してわからないようにする「かけつぎ(かけはぎ)」の達人です。こういう技術はすごく助かりますね。
    阪急メンズのお直しは東京なのに良心的な価格ですね。
    先日寄ってみましたが、展開する商品群も素晴らしいですね。
    ところで、「身幅で合わせると丈が足りない」というのが羨ましいです。私は逆で、袖丈を詰めますから(笑)。詰めるのは楽ですけど気分的には落ち込みます(笑)。

    • なおけんたさん、コメントありがとうございます!

      仰る通りですね、昨今はリセール市場も一般的になってきていますし需要は増えるかもしれませんね。
      かけはぎはまだ体験したことがないのですが、サンプルなどを見てみるとどうやってやっているのか不思議でなりません!
      ウール製品などは安心ですね~^^

      東京行きのブログも拝見しております!まだ続きがあるのかなと楽しみにしています◎

      袖丈、お直しの観点では詰められたほうがよいですよね^^私は妙に腕が長く果たして良いのかどうか・・・^^;

タイトルとURLをコピーしました