No.31:グアテマラ🇬🇹 | クラシックマヤ【コーヒーテイスティングノート】【コーヒー豆の味・特徴】

  • URLをコピーしました!

コーヒーテイスティングノート、第31回目はクラシックマヤです。※予告破り、すみません…


前回のハワイ・コナコーヒーから随分間が空いてしまいましたが、コーヒーは変わらず色々な豆を楽しんでいます。


近所で購入できるものだと多くが飲んだことがあるものになってきました、と思いきや全然そんなことはなくコーヒーを楽しむ時間はまだまだ続きそうです^^

Contents

豆の情報

銘柄クラシックマヤ
生成方式ウォシュド
焙煎日2022/3/13
賞味日2022/3/15
焙煎度合いR19 ミディアムロースト

中から大粒の綺麗な楕円形。香ばしく飲欲をそそられます。


焙煎度合いはミディアムローストです。

淹れ方

抽出方法V6O
豆の量23g
挽き具合細〜中挽き
湯温94℃
抽出時間2分50秒

今回のテイスティングノートから、銅製のV6O、豆の量を少し増やして淹れています。


淹れ方は「コーヒーは楽しい」本の通りの入れ方で、最初に蒸らし、その後20gずつお湯を注いでいく形です。

あわせて読みたい
コーヒーをもっと楽しむために。絵で読むコーヒー教本「コーヒーは楽しい!」 唐突ですが「あひる」といえば何を連想するでしょうか。コーヒー好きにはあの動物のあひる以外が思い浮かぶようです。私はコーヒーがとても好きで、豆を定期的に購入し...

テイスティングノート

サマリー

香ばしくコクがあるが、それでいて少し酸味を感じる味わい。


カラメルのような甘味も感じることができ、バランスの良いコーヒーだと感じる。


ずっしりくるようなものではなく、すっと入ってくる感覚があり、何も入れずにそのままブラックのホットで飲みのがベスト。




詳細

ネ(鼻先で感じる香)ナッツ、アーモンド
アロマ(口から鼻に抜ける香り)アーモンド、チェリー
ボディライト
酸味2.5
甘み3
濃厚さ3
クリーンさ4
余韻3

※数字の1〜5は、「弱:1〜5:強」とします。


今後も継続していきますので、こちらのテイスティングノートも引き続きよろしくお願いいたします。

ご参考:今までのテイスティングノート

以下よりご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents
閉じる