テレワークの合間に衣替え。

Maintenance

雑記です。

コロナウイルスの影響でテレワークの機会が増えてきました。

先々週までは出張もしていたのですが、今週は週4でテレワーク。

なかなかメリハリをつけるのが難しかったり、明らかに運動不足になったりとしていますが、せっかく通勤時間も家にいられるので通勤時間を活用して週末やっていた家事をやることにしました。

そう、衣替えです。


先日、革手袋のメンテナンスは済ませましたが、衣替えのメインは秋冬のウール製品たちのメンテナンスとしまい込み。

暖冬ということで思ったよりも出番が少なかったですが、物理的な暖かさだけでなく精神的な気持ちの向上をさせてくれたウール製品たちをケアしました。

愛用するブラシたちとともに。

スポンサーリンク

ニット類

まずはニットやマフラーたち。この4つは暖冬の中でも非常によく着ました。

マーガレットハウエルのメリノカシミヤARIANNAのカシミヤマフラーは感動するレベル、マルジェラとマサオシミズのニットも安定感抜群、来シーズンもまたお世話になります。

いつも通りこれらは自宅でランドレスを使って手洗い。



手洗い後は不織布に入れて、ムシューダを入れてクローゼットに。

来シーズンはもっとたくさん着られるといいのですが^^;

ウール・カシミヤタイ

ウールのネクタイもケアをしてコットンやリネンのものと入れ替えます。

ブラッシングでホコリを落とし、毛並みを整えた後、

ティファールのアクセススチームでしめじわなどを取って陰干し。

ニットやジャケット類もそうですが、このアクセススチームは本当に重宝しています。

あっという間にシワが伸びてウールがふっくらと仕上がるところを見るのがとても気持ち良いです。

ジャケット・コート

コートやジャケットなどもケア。

毎年この辺りはクリーニングに出していたのですが、クリーニング後のドライで質感が損なわれることに不満が。

近くに信頼できるクリーニング店があれば良いのですが、なかなか見つからないこともあり、食べこぼしや目立つ汚れなどが見当たらないものについては、念入りなブラッシングとスチームのケアにすることにしました。

虫食いには注意しなければならないので、こちらも信頼できるムシューダの衣類カバーを被せてクローゼットに。

クリーニングには毎年出さない、というわけにはいかないと思うので生地を確認しながらクリーニングもうまく活用できればと思います。

早く元に…

通勤時間をうまく活用でき衣替えも捗ったものの、やはり早く元どおりに、早くコロナウイルスが収束することを願うほかありません。

好きな洋服を着たり、メンテナンスをしたりしながらできる範囲で楽しみを見つけながら過ごしていきたいな。

Maintenance
スポンサーリンク
Please Follow me
シフクノ -服と靴と生活と-

コメント

タイトルとURLをコピーしました